2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

野球

2015年7月 3日 (金)

少年野球日記~中学生編

同僚のご子息がエースで4番をしているA中学の
中体連の試合を見に行きました。
夏の中体連といえば3年生最後の試合となる大切な大会です。
何チームか会場に集まりましたが、
どのチームもベンチ入りメンバーギリか
少し上回る程度の人数しかいません。
同僚のチームもその通りで
大会近くで3年生が腕を骨折。
控えの選手はスコアラー担当なので
実質な控えの選手がいない状態になってしまいました。

私は未経験者ぞろいの子供チームしか
最近は見ていなかったので
中学生の試合を見たらこれこそが野球という事を
再確認してしまったのです。

試合は拮抗した緊張感のある試合で
7回終わって1-1で延長8回からはタイブレークとなります。
つまり8回からはノーアウト満塁からスタートです。
表の攻撃であるA中学は3点をゲット。
もう勝ったものと思ったら
裏の攻撃でピッチャーが第1球を暴投。
2者生還してしまい結局3点を失って延長9回へ。
A中学はまたまた1点を取ってウラの守備に。
2アウトとなって次の打者はボテボテのショートゴロ。
しかしショートの送球が短くてファーストの足が離れてしまった。
その間に2者生還してサヨナラ負けとなってしまいました。
泣き崩れるショートの選手。
帽子を地面に何度も投げつけて大泣きをしていました。
確かに最後のショートの選手のミスで負けましたが、
厳しいようですが、キチンと最後の
あいさつをしなければなりません。
それが終わればすぐに次の試合のチームに
ベンチを明け渡さなければなりません。
それが終わったらいくらでも泣いてかまいません。

たぶん彼の一生に残るプレーになったでしょう。
悔いとなって自分の負荷となって残るか、
この気持ちを胸に次のステップアップするかは彼次第です。
野球はチーム競技です。
彼の失敗の原因だけで負けたわけではありません。
それをいつの日にかわかってほしいですね。
1球、ワンプレーの恐ろしさを分かって
そしてますます野球を好きになってほしいですね。
150621_112401



2015年6月24日 (水)

少年野球日記~2回目の公式戦

6月20日(土)に少年野球の公式戦がありました。
先日の練習試合の後に行進の練習をした本番の大会です。

朝、7:15に出発をして庵原球場に行きました。
当日はどんよりとした天気で庵原球場は山に近いため
着いた時にはパラパラと雨が降り出しました。
この大会は静岡県各地からチームが集まってきました。
東は清水町、長泉町、修善寺、沼津から
西は浜松、福田、掛川、菊川から集まっています。

大会の正式名は
第10回清水日本平ライオンズクラブ杯



第42回選抜少年野球清水大会

とかなり長い名前です。

まずは開会式は選手入場から。
この雰囲気はBGMといい、各チームのプラカードを持ったり、
私が子供のころからあまり変わっていませんね。


Cimg0246


式は君が代斉唱や野球連盟の人やスポンサーの人の祝辞が終わって
前年度優勝、準優勝チームのカップ返還を行いました。

Cimg0247

雨は強くならなくて良かったですね。
無事に式は終了しました。

ここから第1試合のチームのみ会場に向かいます。
というのも庵原球場には山の中にあるために
全部のチームが一気に各会場に向かうと
非常に大きな渋滞となってしまうので
各会場の第1試合のチーム優先で会場に向かいます。
ウチのチームは第1試合なので
チーム関係者みんなで三保の会場に向かいます。

移動距離が長いので十分なアップができませんでした。
いよいよ試合。
結果は予想通りの惨敗でしたが、
1回の10失点がいけませんでした。
でも少しずつではありますが、
進歩の跡は確実に感じます。
一年の目標である公式戦1勝が
近づいている事は間違いありません。

閑話休題。
こんな姿を目撃しました。

おかあさん、朝早くからお疲れ様です。

Cimg0248


他のチームの様子です。

Cimg0249


Cimg0250


緊張した展開です。
Cimg0251